ContourGPSのレンズカスタム | Contour Lens Kit

現在僕の手元にはGoProHD HERO2、DRIFT HD、ION AIR PRO WiFi、そしてContourGPSという4台のウェアラブルカメラがあって、この中でContourGPSが他の3台と比べると若干ランクが下になります。

本来ならGoProやDRIFTと同ランクのものはContour+というモデルですから。

しかしながら、Contour+の値段は5万弱。

他社のウェアラブルカメラがどれも2万円台半ばなのを考えると、ちょっと躊躇する値段。

そらあーた普通のレフレックスとかミラーレスとか呼ばれるカメラ買いますがな。

もう少し待てば下がるかなと思ったのですが、なかなか下がらないのでもう諦めました。

しかし個人的にはContourならではの良さなんかも感じているわけです。

比較的無骨な感じが好きです。

吸盤マウントにつけた時なんか特に。

まぁ色々不満もないわきゃないんですけど…

何より気に入らないのは純正のゴムでできたキャップ。

一年後に絶対なくす自信もあるし、なによりカバンとかに入れた時不安。

しかしながらContourが素晴らしいと思う点が一つ。

純正のレンズカスタムキットがあること。

交換レンズならどのカメラにも一応用意されてるけど、カスタム用はないわけで。

 

そんなこんなで以下を用意。

(右上)Contourレンズキット
(右下)UVフィルター
(左)レンズキャップ

レンズキットはこんな感じ。

43mmと37mmのアダプターが目玉です。

ちなみに37mmっていうとm4/3のオリンパスあたりのミラーレスレンズ径と同じなので、それ用のフィルターやキャップの類が使用可能になるの。

 

作業はここのネジ一本外すだけ。

全然面倒じゃない。これでワンタッチレンズキャップが使えるようになり、最高に幸せです。

 

まぁ敢えて問題点をあげるとすれば、レンズキャップの紐とかのせいで…

 

 

猫にちょっかい出されます(違。

 

 

でも真骨頂はここから。

当然フィルターが色々使えるので、通常はUVフィルターをつけて、保護用としてるわけですが…

 

Contourって防水ハウジング必要ない場合なら比較的扱いやすくて、本体に直接三脚ネジマウントをつけられるオプションが純正であり、給電しながら録画もできるので、ドラレコ代わりにもうってつけなんですよね。
(GoPro2より画質は劣るけど)

んで、こういったカメラを車載用として使う際の唯一の難点が、車のフロントガラスデフォッガーの穴とかが映っちゃうことなんですが、これを解消しやすい。

 

こうしてC-PLフィルターが付けられる。

カスタムというと大袈裟だけど、こういうこと出来るのは非常によろしいと思うのです。

同じContourでもROAMとかは、ハウジング無しの本体防水性能を維持するために、このキットが使えないため、HDとこのGPSだけなわけですが。

こういうアクションカムでフィルター使用によるトーン調整というのもなかなか使えます。

 

 

【通常のUVフィルター↓】

【C-PLフィルター付き↓】

 

なんちゃってシネマトーン的な。

あんまり分厚いフィルター使うと周辺減光が激しいので、気にするなら43mmの方で揃えたほうがいいのでしょうけど。

頭でっかちになるし、こういうのも味だなと思って使ってます。

ContourGPS使ってるならオススメです。

タグ: ,

Leave a Reply